看護師

形を整える

顔の大きさは標準的なのに、顔が大きく見えてしまう人がいます。そのような人は、顔の形やパーツのバランスがおかしい事がほとんどです。小顔に見せたいのであれば、ヒアルロン酸注入で形を整えましょう。

詳しく見る

女性

ボトックス注射の注意点

エラによって顔が大きく見えている場合、ボトックス注射をして小顔を目指しましょう。しかし、ボトックス注射をする前に知っておきたいことがいくつがあります。是非、チェックしておきましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

エラ削りについて

小顔治療にはいくつかの種類がありますが、半永久的な効果がある治療法と言えば、エラ削り手術です。しかし、エラ削り手術は入院が必要になるので、病院選びはじっくり行ないましょう。

詳しく見る

鼻

たるみを解消

小顔になりたい場合、顔のたるみを解消することをおすすめします。顔がたるむ事で顔が大きくなるので、美容外科で治療を受けたり、たるまないように生活習慣を変えたりしましょう。

詳しく見る

小顔美人になる

医者と看護師

美人の定義

顔に自信がなく、整形手術を受けたいと考える人は年々増えています。美人になりたいから整形手術に挑戦したいと考える人が少なくありませんが、この美人の定義とは、どのようなものなのでしょうか。人によって感性がことなるので一概には言えませんが、バランスの取れた顔立ちをしていることが美人の定義と言えるようです。また、現代では小顔も美人の条件となっています。小顔であれば、体全体のバランスがよく見えるからです。最近では、様々なプチ整形手術メニューが登場しており、小顔になれるメニューもいくつかあります。自身の予算や顔が大きくなっている原因をリサーチして、自分自身に適した小顔治療を選択することが出来るのです。

顔が大きくなる原因

顔が大きくなる原因はいくつかあります。まず一つ目に言えるのが水分の多量摂取によるむくみです。また、アルコールの摂取も顔が大きくなる原因の一つです。アルコールが血管を膨らませ、細胞内に溜まってしまうことでむくみが発生するのです。さらに、運動不足や噛み合わせが悪いことも原因として挙げられます。特に噛み合わせが悪いとエラの筋肉が発達して、顔のバランスが悪くなるので注意しましょう。

改善方法について

自身の顔が大きくなっている原因がわかったら、それに適した方法で改善を目指していきましょう。まず、むくみが原因なのであれば、リンパマッサージをして、むくみをリンパへ流していきましょう。そして、運動不足っであれば、軽い運動を日常生活で取り入れるようにしましょう。また、噛み合わせが原因になっているのであれば、マウスピースで癖を解消したり、歯列矯正をすると良いでしょう。しかし、これらの改善方法は、手間がかかったり、小顔効果の即効性を感じることが難しいものです。もし、効果を確かに実感したいというのであれば、美容外科へ相談しに行きましょう。

簡単な小顔治療

美容整形での小顔治療と言えば、少し前までメスを使用したものが一般的でした。しかし、最近の主流はメスを使用しないプチ整形手術です。エラの筋肉を緩めてエラを小さくするボトックス注入や顔の脂肪にアプローチする脂肪溶解注射が人気です。双方施術はともに、細い針で薬剤を注入するだけの簡単な美容外科手術になります。痛みが少なく、ダウンタイムも不要なことから人気が集まっています。全国各地の美容外科で、行なわれているポピュラーな小顔治療なので、気になる人はチェックしておきましょう。

Copyright© 2019 小顔になろう【美容外科の治療による高い美容効果】 All Rights Reserved.